可能性を信じること

病院勤めをすることが、女性の仕事だと位置づけている人もいます。准看護師として働こうと考えている方は、正看護師はハードルが高いという理由があるのだと思い、准看護師として働く中で着実に正看護師として働けるくらいの看護技術を身につけていこうとしていることが考えられるのです。准看護師であっても、患者に対して真心を込めた看護を心がけていくべきだとする考え方は正看護師と同じなのであり、普段の仕事で正看護師として働くのに恥じないくらいの看護技術を身につけていったときに、初めて准看護師として働くことの重要性を肌身に感じていくのだと思うのです。准看護師として働くことは、看護の知識やスキルを上げていく上でのひとつの拠り所となってくるのではないでしょうか。
 准看護師と聞くと、正看護師よりも下だと捉える人もいます。准看護師として働く方は、自分がどんなに頑張っても正看護師には到底叶わないという現実に直面してしまったときに、准看護師のままで終わりたくないという気持ちを呼び起こしていき、看護の仕事に一層の尽力をしていくのだと考えられるのです。女性の仕事のひとつである准看護師で、いかにして今後の方向性を見いだしていくべきなのかを考慮した働き方を模索していくことが重要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です