そもそも准看護師とは

残念なことに、准看護師という制度は徐々に廃止の流れに世間は動いています。そもそも准看護師とは、戦後の看護師不足を打開するための救済措置でした。ですが、近代の医療の高度化や正看護師と准看護師の仕事の内容が大差ない現状から、准看護師は負担のわりに待遇が良くないという学会の報告もあり、そもそも制度のあり方について議論がされている所です。
とはいえ、全国的にみても(特に都市部においては)、看護師が不足している現状や正看護師になるためのステップアップのために、准看護師資格を目指すという方向性は間違っているわけではありません。
准看護師になったからといって、その後正看護師になれないというわけでは当然ながらありません。准看護師資格を取得後に看護専門学校に進んだり、一定の実務期間を経たあとに看護学校に進んだり、通信制の看護師養成所で学習したりする事によって、正看護師試験の受験資格を得ることができます。
正看護師になれば、その先に専門看護師などの高度医療に携わるためのステップアップも望めます。中には、あえて道のりの長い准看護師から看護の現場を経験しようという、ホネのある人材もいないわけではありません。
准看護師になるためには、准看護師試験の受験資格を得なければなりません。そのための道は様々です。
最近では、高校にも衛生看護学科を設ける学校も少なくないようですが、一般的なイメージでは准看護学校に入学する道が広く知られています。
こうした学校は、入学資格は一般の高校と同じです。学校にもよりますが、こうした場合は高校と同じような基礎教養科目がカリキュラムに含まれます。ただ、普通高校などと比べるとその科目は少なく、やはり主になるのは看護のための専門科目です。そのため、通常は卒業後は准看護師試験の受験資格が得られるのみで、高校卒業の資格は取得できません。
ただ、学校によっては高校卒業の資格を得ることができるカリキュラムも存在しているので、詳しくは各学校に問い合わせてみると良いでしょう。
また、学校によっては申請によって、高校の衛生看護学科へ同時に入学を認めているケースがあります。これにより、2年間の学習期間が高校の2年と同等と見なされます。取得した単位は高校卒業のための単位として認められるので、改めて高校3年次に編入すれば、高校の卒業資格も取得できます。
夜間学部の学校もあるので、期間や看護師になるための費用とも相談して、最初は准看護学校を目指すという選択肢も悪くありませんし、これから長く看護の仕事につくのですから決して遠回りではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です